在宅勤務環境の様子(什器編)

当社のOffice Closeは2020年2月ごろから始まった。もともとうちのチームは半分くらい日本以外の在籍で普段からオンラインのコミュニケーションが中心であり、特にOffice Closeによって困ることはほとんどなかった。
個人としては普段Officeに20%くらい出勤して、残りは会社が契約しているコワーキングスペースに通っていた。そのためOffice Closeによって在宅勤務を整える必要があった。

我が家は2LDK 56㎡で4人家族といういわゆる狭小住宅に住んでいるので最初はリビングの食卓テーブルにPCを置いてで仕事をしていた。が、同じく在宅勤務をする妻と同じ食卓テーブルで向かい合って仕事すると(略)のため、子供部屋の一角の占拠に成功し、在宅勤務環境の整備にいそしむことになった。

在宅勤務に必要な条件

私の在宅勤務に必要な条件は以下であった。

・オンラインのコミュニケーションは社内70%(Teams / Zoom)、社外30%くらい。社外のオンラインツールは会社によって異なり、多い順でTeams、Zoom、Meet、Bulejeansってところだろう。
・一番多く使うツールは(残念ながら)コミュニケーションツール(メール、Tems)、次にOffice系。中でもPPT。次にVSCode(ターミナル含む)。

現在の在宅環境

結果的にこんな感じになった。

Image for post
Image for post

もともと持っていたものはPC以外何もなかったため、ひとつづつ色々と買いためていって今に至る。

買ったもの(什器編)

色々と投資をしたが、良かったものと後悔の残るものがある。

テーブル
★★★☆☆

見た目は結構いい。まぁまぁ安定してる。サイズは家の都合での限界だったが慣れれば何とかなる。棚がついているのでケーブルを収納できたり、PCのACアダプタをもってリビングと行き来したりするとき一次収納できるので便利。
ただ、この溝… ほこり入る。なぜ気づかなかったのか…。
https://www.nitori-net.jp/ecstatic/image/product/5650208/565020808.jpg?ts=20190725134450182

あと高さの調整ができない、これは他の人の昇降式タイプを見るたびに悶絶している。

PCスタンド

★★★★☆
特に不満なし。ただ今後キーボードを買った場合は不要になりそう。このちょっとしたスマホスタンドが便利。

タブレットスタンド

★★★★☆
こちらも特に不満なし。ただ充電可能なタイプにしても良かったかなと思う。

電気スタンド

★★★★★
これは我が家のコロナ禍最ヒット商品。子供部屋にもともとあった電球は若干暗かったため購入。暖色・寒色が選択でき、明るさも調整できる。場所もとらない。あんまりよくなさそうだけどヘッドホンもひっかけられる。

椅子代替のバランスボール

★★★★☆
当初は食卓用の椅子で仕事していたがすぐに腰がやられた。高級椅子を物色することに何時間費やしたかわからないが、結果的にバランスボールに落ち着く。最初は一日数時間かなと思っていたが案外ずっといける。痩せはしないが腰痛は亡くなった気がする(個人差あり)。安さで選んだ。
当方178㎝で↑のニトリ机に対して65㎝モデルを買ったが、もう一つ大きいタイプでもよかったかもしれない。

Image for post
Image for post

こうやって収納できるので意外に場所を取らない(?)

番外編

体育館がクローズしてしまいバスケットボールができなかったので、外でドリブル練習用に屋外用ボールを買った。今ではほとんど触ってない。

Written by

Work for Hewlett Packard Enterprise as Solution Architect / Write on IT / Infrastructure / Cloud Native / Kubernetes / OpenShift / Japanese|English

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store